私たちについて

私たちは、親世代の価値観や経験がそのまま通用しないこの不確定で不確実なVUCA(ブーカ)時代における新しい子育てを正面から考え、行動しています。

社会の価値観や仕組みやが大きく変化する現代は、変動性(Volatility)、不確実性(Uncertainty)、複雑性(Complexity)、曖昧性(Ambiguity)の頭文字をとってVUCA(ヴーカ)の時代と表現されます。

私も一人の子どもの父親ですが、あなたの目の前にいるお子さんが社会の中核人材となる10年後や20年後は、今よりさらに変動性が激しく複雑な社会になっていると考えられます。そう考えると、今、親世代の私たちの子育ての目標は、子どもを有名大学に入れるとか大手企業に就職させればそれで終わりということはなく、『子どもを自立した大人』に育てることだと考えています。

自立した大人とは社会の大きな変化に『適応』し、『自分たちで社会を作っていくのだ、自分こそ社会を作る主体なのだという自信と責任感』のある人です。

そのために、いわゆる算数・国語・理科・社会の学力のような『認知能力』と、『目標達成力』・『他者と協働する力』・『感情コントロール能力』といった『非認知能力』の両方の力を育んでいく必要があるのですが、データを見ると日本の子どもは認知能力が世界でもトップクラスにあるにも関わらず非認知能力が非常に弱いというデータが出ています。

  【内閣府による日本、韓国、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデンの13歳から29歳の男女を対象にした『我が国と諸外国の若者の意識に関する調査』】(平成30年度)

●「自分の将来に明るい希望を持っている」若者の割合
  → 7カ国中日本の若者の割合が最も低い
●「社会をよりよくするために社会問題に関与したい」若者の割合
  → 7カ国中日本の若者の割合が最も低い
●「私の参加により変えてほしい社会現象が少し変えられるかもしれない」と考えている若者の割合
  → 7カ国中日本の若者の割合が最も低い
●「40歳になったときに幸せに生きていると思う」若者の割合
  → 7カ国中日本の若者の割合が最も低い  

自己肯定感や社会参加についてのあらゆる項目で日本の子どもは最下位で、社会をつくる担い手という意識が弱く、『私が何をしても社会はどうせ変わらない』という『自己無力感』を持っている様子が浮かび上がってきます。

マーク・ザッカーバーグFacebookを創業したのは19歳
ラリー・ペイジGoogleを創業したのは25歳
スティーブ・ジョブズAppleを創業したのは21歳
ジェフ・ベゾスAmazonを創業したのは31歳
ビル・ゲイツマイクロソフトを創業したのは18歳

これは世界をまたにかけるIT企業の創業者がそれぞれの企業を創立したときの年齢で、平均すると24歳だそうです。

日本にいるとアメリカの創業者がこんなにも若いことはにわかには信じがたいことですよね。なぜなら日本社会で20代はまだまだ新人で、責任ある役割は与えられません。また子どもの周りに20代の若手が実際に成功し社会を変えた身近な事例が少なく、若いうちから挑戦する雰囲気が生まれにくいのです。

学校でもそれは同様で、日本と海外の両方で教育を受けた人に話を聞くと、日本の学校は結果で物事を判断するため、子どもからすると挑戦や未熟さを否定される局面が多く、挑戦する気持ちを打ち砕かれることが多いと言います。

対して海外の学校では、日本の学校ではとうてい褒められないような結果になってしまった挑戦に対しても、アイデアや挑戦したタイミングをとらえて『いいね!』と褒めてもらうことが多いと言います。

こうした背景をバックに、日本でも起業家教育(アントレプレナーシップ教育)やベンチャー支援に国を上げて取り組み、就活や大学入試における人材評価軸そのものが変わりつつあります。

私たちは、広告やWeb、マーケティング施策、動画制作などを通じて、静岡の企業とその先にいるカスタマーとのリレーションシップをサポートするクリエイティブ企業です。

この時代において、これまでの画一的な教育感とは一線を画し、この子は面白い!と思える『人間力』あふれる個性的な才能を認め、伸ばすことには、我々がビジネスの現場で培ってきた、クライアントやマーケットの分析力、そこから施策を導き出す企画力・提案力、そして実行力がまさにこれからの子どもたちにとって最適な伴走者たり得ると自負を持って取り組んでいます。

教室は、私たち「novita合同会社」が運営する『novitaミライノスクール 本校(静岡市葵区研屋町)』と、志を同じくする「静岡朝日テレビカルチャー株式会社」との共同運営の『アサヒICTキッズ(新静岡セノバ5F)』の2拠点で展開しています。

最後に、教育は子どもたちの未来への最も貴重な贈り物です。
私たちの教室では、子どもたち一人ひとりの可能性を大切にし、彼らが未来を切り開く力を育てることに力を注いでいます。

教室での体験を通じて、みなさんとお会いできることを心から楽しみにしています。

アクセス

novitaミライノスクール 本校

静岡市葵区研屋町60
TEL 050-3092-4456(月~土 10:00~18:00)

アサヒICTキッズ

静岡市葵区鷹匠1-1-1 新静岡セノバ5F
TEL 054-251-4141(月~土 9:30~18:00/日 9:30~15:00)

※アサヒICTキッズは「静岡朝日テレビカルチャー株式会社」との共同運営で、お互いの教室間でのレッスンの振替などはできません。

nullわたしたちが目指すのはひとづくりプラットフォーム HITOZUKURI PLATFORMわたしたちが目指すのはひとづくりプラットフォーム HITOZUKURI PLATFORM
null
novita合同会社

ノビタ本校 / 静岡市葵区研屋町60 TEL.050-3092-4456(月曜〜土曜10:00〜18:00)

アサヒICTキッズ / 静岡市葵区鷹匠1-1-1新静岡セノバ5F TEL.054-251-4141(月曜〜土曜9:30〜18:00/日曜9:30〜15:00)

ノビタ本校 / 静岡市葵区研屋町60 TEL.050-3092-4456(月曜〜土曜10:00〜18:00) アサヒICTキッズ / 静岡市葵区鷹匠1-1-1新静岡セノバ5F TEL.054-251-4141(月曜〜土曜9:30〜18:00/日曜9:30〜15:00)

©2024 novita inc.

イベント・体験予約